勃起障害の症状への誤解

勃起障害に対してよくある誤解は、完全に勃起しなくなる症状だと思われていることです。
半立ち状態は該当しないと考えている方が多いですが、性行為の成功率が25%を下回るようだと勃起障害だと考えていいでしょう。
挿入前はフル勃起状態でも、途中で中折れして射精できなければ正常とは言えません。
たまに体調不良や過度のストレス、悩みなどによりSEXが失敗することはありますが、これは一過性の症状なので問題はありません。
勃起障害の定義は曖昧ですが、確実に言えることはSEXに支障が出ることです。
SEXの最終目的は射精することです。
失敗率が極端に高くなってきたら、勃起障害だと考えていいでしょう。
女性が勃起障害に対して誤解しやすい点は、男性が女性に対して愛情や性的魅力を感じないから勃起しないわけではないことです。
EDとは生活習慣病なので、ある程度の年齢を重ねればどんな男性でも発生する可能性があります。
脂質異常症や糖尿病、高血圧などと同じく、不規則な生活が続くことで発症するケースが多いです。
生活を根本から見直したら、嘘のように回復したというケースは多いです。
性生活に原因があるケースでは、SEXのパターン化があります。
男性は常に刺激的なプレイを求めていますが、これは性的興奮を得るためです。
性的興奮と勃起力は比例するため、男性は無意識のうちに刺激を求めています。
毎回SEXのパターンが同じだと、興奮できずに勃起力が不十分になることはあります。
この場合の対処法は、プレイのバリエーションを増やすことです。
男女が話し合って、色々なプレイに挑戦していきましょう。
アダルトグッズを使用したり、新しい性感帯を開発したりする対策が効果的です。

勃起障害と生活習慣病予防

勃起障害を予防するという考え方において特に重要なのは「生活習慣病を予防する」という考え方です。
一見すると生活習慣病と勃起障害には何ら関係は無いようにも見えるのですが、実際の医療の現場では、この二つはかなり関連性が深いものだと扱われています。
まずこの勃起障害を予防する際に注意するべき生活習慣病としては高血圧と糖尿病が挙げられます。
高血圧は血圧値が本来あるべき値よりも高い数値を付けてしまっている状態、糖尿病は血液中のブドウ糖の量が慢性的に増加して体内機能に悪影響を与える病気です。
これらの病気は別の病気ではありますが、高血圧患者の60%、糖尿病患者の80%はその合併症として勃起障害があると報告されています。
もちろん100%ではありませんし、どちらの病気も発症していないのに勃起障害があると言う人もいるのですが、60%・80%という数値は無視することはできません。
よって勃起障害を事前に予防するには高血圧と糖尿病、二つの生活習慣病を防ぐ生活習慣を徹底することが効果的なのです。
具体的には脂っこい食事やカロリーの過剰摂取を避け、毎日軽い運動を継続することが最大の予防となるでしょう。
飲酒も適量であれば構いませんが、それが毎日度を超してくると生活習慣病の大きな原因になり得ますので注意が必要です。
ちなみにこうした生活習慣病を予防する生活リズムは自律神経を適切なものに保つ効果もありますので、精神的な原因よる心因性勃起障害もある程度予防する効果が期待できるでしょう。
当然ながらこれまでの生活を突然変えて最良の生活習慣にしようとしても上手くいくはずがありませんから、もしまだ勃起障害が発症しておらず、その予防をしたいという場合であればまずは改善できそうな所からゆっくり確実に改善していくようにしましょう。

勃起障害を治すには

勃起障害を治療する方法はいくつかありますが、最もよく採用される治療法としてはやはり「投薬治療」が挙げられるでしょう。
投薬治療、この場合はバイアグラをはじめとする勃起障害改善薬を服用する治療法ですが、これは薬によって勃起障害の状態を一時的に改善するため多くの人に対して一定の効果を見込むことが出来ます。
重度の器質性勃起障害、例えば陰茎部の血管が切れてしまっている場合などは少々効果が出づらいことはありますが、そうした限られたケースを除けば安定した効果を期待できる非常に優れた治療法なのです。
ただこの投薬治療だけで完治を目指すことが出来るのかと言うと、これは絶対にそうだとは言い切れません。
例えば生活習慣病の一種である高血圧も勃起障害を引き起こす恐れがあるのですが、高血圧によって勃起障害が引き起こされている場合には原因である血圧値を回復させなくてはいつまでも完治できないということになってしまいます。
また心因性と呼ばれる精神的な不調が原因となっている場合にはその精神的な不調、日常的なストレスを緩和したり、またトラウマを克服するためのカウンセリング治療が必要になるケースもあるでしょう。
投薬治療はあくまでも一時的に症状を緩めるものであり、根本治療をするのであれば別の方向からのアプローチが必要になることは珍しくないのです。
また先ほど述べた陰茎部の血管が切れてしまっているなど、非常に重大な勃起障害の原因があるのであれば投薬ではなく外科手術による治療をしなくてはならないこともあり得ます。
もちろん外科手術をするほどのケースは本当に極一部なのですが、血管を新たに増設する手術や静脈の閉鎖などの手術が行われるケースはありますし、また最悪の場合人工器官を埋め込んでの対応をせざるを得ないケースもあります。
このように勃起障害の治療法はさまざまにありますから、主治医と相談の上選んでいくようにしましょう。
■EDを自宅治療したいなら
シアリス 通販
■勃起障害に効くシルデナフィルという成分が含まれたお薬
ゼネグラはまとめ買いがおすすめ
■勃起障害治療薬の中でも抜群の維持力!
タダシップ
■レビトラの疑問はここで解決!
レビトラは水に溶けやすい?

ページの先頭へ戻る