勃起障害に有効性な薬は消化不良を起こすことがある

勃起障害を改善することができる治療薬には、食事を食べてから服用すると効果が薄まってしまうため、空腹時に飲むことを推奨する薬も多くありました。しかし研究の結果、近年ではこれまでと同じように勃起障害をサポートする有効性がありながら、食事の影響を受けないものが製造販売されています。

これまでよりも長時間持続効果が期待できる薬も登場し、以前は4時間から6時間程度だったものが服用後36時間程度は有効性がある薬も販売が行われ、日本の病院でも処方されています。勃起障害の薬は飲んだら興奮するものではなく、血管の拡張を促し血流を良くすることで勃起した際の維持ができるようになるものであるため、持続時間が長くても安心して利用することができます。性的興奮や外的刺激があった上で、自然な勃起が起きる有効性があります。

食事を食べていても影響がなく同じ効果が得られる薬ですが、副作用として消化不良を起こす場合があります。食前や食間、あるいは食後などいつでも飲める薬ではありますが、厚生労働省でも注意喚起をしており、消化不良により体調が優れなくなるときには服用を中止し、医師に相談を行うべきです。重篤な症状とは思わずに使い続けてしまう人もいますが、消化不良が続いてしまうと胃の機能が低下し、胸焼けや吐き気などに至り、下痢になってしまうことがあります。

勃起障害用の有効性があるうちに、消化不良が起きたからといって他の薬を服用してしまうと危険な副作用が起きることがあります。特に併用禁忌薬に指定されている薬は、サプリメントなどの成分にも注視し、服用を避けなければなりません。体に異変があらわれたときには、併用した薬なども持参して病院で診てもらいましょう。

ページの先頭へ戻る